HOME
交通アクセス
ネット予約

こんにちは、リボンカイロプラクティック代官山 副田です。

今回は、坐骨神経痛を訴えて来院された方に、カウンセリングしていて意外と理解されていないと思うことがあるので簡単に解説できたらと思います。

まず坐骨神経痛とは症状名でありその原因は1つではありません。(症状名であり病名ではありません。)

何らかの異常により坐骨神経が圧迫されて痛みや痺れを引き起こすのが坐骨神経痛です。原因をみてみると多くが腰椎・臀部の異常によって引き起こされています。腰痛椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群、腰椎すべり症などが考えられます。

坐骨神経痛が疑われた場合、診断には整形外科を受診される方が多いのですが、レントゲンだけでは原因がわからないことがあります。レントゲンは骨は映りますが椎間板は映らない為です。また、MRIの画像とも痛みが一致しないこともあります。

坐骨神経は脊髄から枝分かれして伸びる神経で、腰からお尻を通り膝まで延びており、そのあとも枝分かれして下腿までつながっています。これらどこで障害が起こっても坐骨神経痛となります。痛みの場所はお尻・太もも後面・ふくらはぎ外側が一般的です。また、痛み痺れだけでなく、冷感や灼熱感、張り感、締め付け感などを訴える場合もあります。局所的なこともあれば下肢全体に及ぶこともあります。

これらの問題は、仙腸関節や腰椎の不具合や臀部の筋肉の異常などが考えられます。脊柱管狭窄症のように加齢によっての変性が原因なこともありますが、年齢問わず日頃から不良姿勢であったり長時間同じ姿勢で腰に負担がかかっている方に多いのも事実です。

では治療というと、病院では消炎鎮痛剤や筋弛緩剤など投与されたり、湿布を処方されるのが一般的です。また、局所麻酔薬によってブロック注射を行ったりします。これら一時的には効果的ですが、根本から取り除けるわけではありません。

カイロプラクティックの治療は、程度にもよりますが坐骨神経痛の症状にとても有効的です。カイロプラクティックは手技療法なのでどこで圧迫されているか検査でしっかり見極めることが大切です。その結果、腰椎や仙腸関節の歪みを調整することで圧迫されていた坐骨神経が解放されて改善に結びついたり、梨状筋を含めた臀部にある筋肉の緊張を和らげることでお尻の筋肉の通過途中で圧迫された坐骨神経が解放され緩和したり、症状改善につながります。変性が進んでいる場合やヘルニアが重度の場合など、施術が難しいことも場合としてありますが、坐骨神経痛でお困りの方は一度カイロプラクティックの受診をおすすめします。

症例報告

Pilates プライベートレッスン   最近、カイロプラクティックのメンテナンスを受けられながらピラティスをやりたいという方が増えました。身体のメンテナンスの大切さを分かっていただけると自然と身体を動かしてみようかなと思っていただけるのかな?と思ったり・・・ 私自身も以前はカイロプラクティックの施術を定期的に受けていまし...
緊張型頭痛と片頭痛の違い   こんにちは、リボンカイロプラクティック代官山の副田です。 肩こりや腰痛で来院された患者さんの中で、頭痛をお持ちの方が多いので今日は頭痛について書いてみようと思います。 当院には、頭痛を訴えて来院されるという方より、肩こりや頸部痛などの症状を訴えて来院された方をカウンセリングしてい...
30代女性会社員 1年前からの左肩甲骨のつるような痛み... こんにちはリボンカイロプラクティック代官山です。最近来院された患者さんの症例です。意外と多い背中や肩甲骨周囲の痛みについてご紹介します。   症状  1年前くらいから左肩甲骨あたりがつるように痛む。仕事が変わった時期で忙しくケアせずにいたら悪化傾向にある。マッサージをやってもらうと少...